大包平

平安時代末期の刀匠・備前国包平作。「天下五剣」の筆頭として紹介した童子切安綱と並び称される、最高傑作の太刀である。身幅広く、反り高く、鋭く薄い刀身が斬れ味の良さをうかがうも特に逸話も武勇伝もない。なぜそれほどに評価されるのか。

 日本刀に精通している者がこの太刀を前にすると、その気品と力強さ、存在感に圧倒されるという。作刀から10世紀にも経とうというのに、磨かれて減る事の無い健全さ、一点のムラもなく焼き上げられた刀身。まさに日本刀界の大横綱の風格である。勇将・池田輝政の愛刀であり、現在は国宝に指定され、東京国立博物館が所蔵している。