天叢雲剣

ニニギと共に地上に降り立ったこの剣は、アマテラスオオミカミを祭神とする伊勢神宮に安置された。素行が悪く父に疎まれたヤマトタケルは、朝敵を討伐するよう命じられる。それを不憫に思い、叔母であり伊勢神宮の斎宮を務めるヤマトヒメノミコトは、天叢雲剣を彼に与えた。

 駿河国での戦いに、敵が野に火を放ち、炎に巻かれそうになったところ、ヤマトタケルは天叢雲剣を抜いて草を薙ぎ倒し危機を逃れた。この為、天叢雲剣は「草薙ぎ剣」と称されるようになった。