日本刀の名刀「粟田口吉光」

鎌倉時代中期、京都で活躍した刀匠。通商を藤四郎吉光といい「骨喰(ほねばみ)藤四郎」「一期一振」の作者であり、短刀作りの名手といわれている。本能寺の変、大阪夏の陣で焼身になったものが多い。焼身となったものは、越前国(福井県北部)・武蔵国(東京都・埼玉県)の刀匠・越前康継のてによって焼きなおされ、その姿を今に残すものも多い。短刀四振り、剣一振りが国宝に指定されている。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です